ACM SIGIR 東京支部について

ACM SIGIR*は、情報検索分野最大の国際研究コミュニティであり、SIGIR・WSDM・CIKM・CHIIRなどの査読付き国際会議を主催している組織です。ACM SIGIR東京支部(正式名称:Tokyo ACM SIGIR Chapter)は、SIGIR初の地方支部として、2017年12月27日にACMから正式に承認されました。

情報検索は、日本国内においても精力的に研究開発が続けられている分野であり、 情報アクセス、データベース、自然言語処理、人工知能、ヒューマンコンピュータインタラクション、図書館情報学、情報知識学など、多様な側面から取り組まれています。

ACM SIGIR東京支部は、多様な研究背景から情報検索の諸課題に取り組まれている国内の研究者の皆様に、SIGIRの最新動向をお知らせすると共に、SIGIRが主催あるいは共催する国際会議に関連したイベントを開催することで、国内コミュニティと国外コミュニティとの交流を促進することを目指します。このような活動の波及効果として、情報検索研究における日本のプレゼンスが向上することが我々の願いです

最後になりますが、ACM SIGIR東京支部は現在、我々の趣旨に賛同し活動を支援していただける方々を広く募集する準備をしております。準備が整いましたらお知らせいたしますので、その際は会員登録をご検討いただければ幸いです。

今後ともACM SIGIRと東京支部を、どうぞよろしくお願い申し上げます。

2018年1月吉日

ACM SIGIR東京支部

上保秀夫(筑波大・Chair)・酒井哲也(早稲田大・Vice-Chair)・吉岡真治(北海道大・Treasurer)

*ACM: Association for Computing Machinery
*SIGIR: Special Interest Group in Information Retrieval