ACM SIGIR 東京支部について

English version

ACM* SIGIR** は、情報検索分野最大の国際研究コミュニティであり、SIGIR・WSDM・CIKM・JCDL・CHIIR・ICTIR などの査読付き国際会議を主催、または共催している組織です。ACM SIGIR東京支部(正式名称:Tokyo ACM SIGIR Chapter)は、SIGIRの地方支部として、2017年12月27日にACMから正式に承認されました。

情報検索は、日本国内においても積極的に研究開発が続けられている分野であり、情報アクセス、データベース、自然言語処理、ヒューマンコンピュータインタラクション、図書館情報学、情報知識学など、多様な側面から取り組まれています。情報検索の分野は、古くからユーザの情報検索行動など、「人間中心」の観点で研究されていますが、昨今の人工知能技術の発展に伴い、情報検索結果の公平性、説明性といった観点で研究を進めることが、ますます重要になってきています。

ACM SIGIR東京支部は、多様な研究背景から情報検索の諸課題に取り組まれている国内の研究者の皆様に、SIGIRの最新動向をお知らせすると共に、SIGIRが主催、または共催する国際会議に関連したイベントを開催することで、国内コミュニティと国外コミュニティとの交流を促進することを目指します。これまで、主に、情報検索に関する主要会議で発表された論文を対象にした勉強会、難関会議に投稿するためのメンタリングワークショップ、といった活動を行なってきました。メンタリングワークショップに投稿された論文の中には、実際に、難関会議に採択されたものもあります。我々の活動も3期目となり、情報検索研究における日本の存在感をさらに向上させていきたいと考えております。

ACM SIGIR東京支部は、我々の趣旨に賛同し活動を支援していただける方々を、随時、募集しておりますので、会員登録をご検討いただければ幸いです。

今後ともACM SIGIRと東京支部を、どうぞよろしくお願い申し上げます。

2022年4月吉日

ACM SIGIR東京支部

杉山一成(委員長・京都大学)
石田栄美(副委員長・九州大学)
加藤誠(会計・筑波大学)

*ACM: Association for Computing Machinery
**SIGIR: Special Interest Group in Information Retrieval